ねぇねぇ日記

西へ東へ飛びまわる犬きちフライトアテンダントのスモールワールドな日常。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ずっと行きたくて行きたくて仕方がなかったところ。

今年の5月末に福岡に移転したUKC JAPANへようやく行ってきた!
今回は慌ただしい日帰りではなく 夫くんを引きずり込んで1泊2日の旅程だ。

朝4時前に起きて 始発の福岡行の飛行機に乗りいざシェルターへ。

今回はたまたま他のベテランボランティアさん3人とも現地で合流できて
それはそれは充実した楽しい2日間だった。



UKC湘南チーム5人 集結
pool.jpg
さつき、走った後のクールダウン
securedownload.jpg
志賀ポチ志賀ポチ
ビッキー
ビッキーのスキップ





移転翌日に訪れた時とはだいぶ様子が変わり、
機能的で清潔な犬舎もちゃくちゃくと出来上がってきていた。

久しぶりのワンコ達。

嬉しそうにドッグランを走り回り 皆 笑顔を見せてくれる。
あ~幸せいっぱい、胸いっぱい。

私はつくづくこのコ達が大好きなんだなぁ・・・と実感。

securedownload08NFBKWN.jpg
ソルス、会いたかったよぉ~!



一方の夫くん、、、

かなり無理をして休みを取り、私に付き合ってくれた。
彼としては、せっかく福岡まで行くんだからシェルターだけじゃなく
福岡の街も楽しみたい。少しは観光もしたい、

と要求するも、全て私に却下され 少し不満げだった。


でもね、美しい自然と とっても味わいのある田舎の風景、
そして何よりも可愛い犬たちに
心底癒されていましたよ。。。


朝倉市

犬と一緒に走りまわったり、ひたすら うんちを拾って歩いたり
とってもよくやってくれていました。

ココア
satuk.jpgさつき



夜はUKCの代表が美味しいご飯をご馳走してくれ
たらふく食べ、飲んで 笑いあり驚きありの話が尽きず、、、

あ~楽し過ぎる。。。
あっという間の2日間。

犬充電も満タン! 


また行くからね、
みんな元気でいてね。




↓このブログを見てくれているUKCボラさん達へのお土産写真です ↓ソルス
ソルスと五右衛門

リードポチポチ
チコチコ
ルイルイ
石井ポチ石井ポチ

老犬
老犬チームと代表
.

UKC JAPANでは随時 ボランティアさんを募集しています。
ほんの2、3時間だけでもいいんです。
このコ達に会いに来てください。
みんなみんな待っています。


青雲地図クリックで拡大




banner2_20071218113724.gifクリック!
このページのトップへ
暑い毎日が続いている。
でも、まだまだ夏本番はこれからだ。

今朝、寝ていると居間のある1階から 

ひゃーーーーっ!」


っていう大きな叫び声が聞こえたので

何事か? 事件か? どんなに巨大なゴキブリが出たのか? と

ガバリと 飛び起きて

慌てて転げ落ちそうになりながら「どどどーしたのーっ?!」って
階段を駆け降りて行ったら

夫くんがTVで ドイツ対アルゼンチンの決勝戦を観ていた。

決勝ゴールが入ったらしい。

なーにが ひゃーーっだ。。。


もんち12歳4 もんち


こんな暑い夏、去年までならシェルターで汗だくになりながら
頑張っていたなぁ、、、。

冬の寒さや雨や雪も大変だったけど、犬にとっても人間にとっても
一番きつかったのは 真夏のこの暑さだった。

でも、どんなに辛くっても楽しかったなぁ、、、。

今、福岡であのコ達はどうしているんだろうか。

今日も暑いな、と思う時、 雨の日、台風の時、何かにつけて
あのコ達の事を思う。

福岡シェルターでは少しずつではあるが ボランティアさんも増えてきているようです。
私たち湘南チームの思いを引き継いで頑張ってくださっている福岡の方には
感謝の気持ちでいっぱいです。

でも、まだまだ圧倒的に人手が足りない状態です。

あのコ達を思うこちらのボラさんは 代わる代わる福岡まで足を運んでいます。

愛だなぁ、、、と思います。

完全なバトンタッチができるまでは まだ暫く時間がかかりそうです。

福岡からボランティアの輪がどんどん広がっていきますように・・・。

星雲ドックスクールの地図
青雲地図 クリックで拡大します



以前にお知らせした 遺棄されたMダックスのコは
無事、新しい家族が見つかりました。

そして今、事情があって福岡シェルターからトンボ帰りをした2頭も
関東近県での里親様を募集しています。

今はこちらのボランティアさんが大切に一時預かりをしてくださっています。



ビーグルの老犬 殿♂ 
 o0640048012989902818[1]
 預かり様ブログはこちら




ピットブルMIX スミレ
o0480048012980644445[1]
預かり様ブログはこちら


2匹とも 性格がよく食いしん坊で甘えん坊の本当に可愛いコです。

あの日、トラックに長時間揺られ、はるばる神奈川から福岡に辿り着いたのに
なんの運命か 程なく再び 飛行機や新幹線に揺られてこちらに戻ってきた、
彼らの数奇な運命を思うと、何だか愛おしさでいっぱいになります。

彼らが戻ってきたのには 大きな意味が 必ずある。

そう信じています。

どなたかこのコ達と 一生を共に暮らしてくださる方はいませんか?

それはそれは豊かで楽しい人生になること 間違いありませんよ。








banner2_20071218113724.gif クリック!
このページのトップへ
アニマルシェルターUKC JAPANは福岡へ転居したが
その後もボランティアさん達は
足しげく犬のいなくなった寒川のシェルターに通い大掃除をしている。

あのコ達が3年近く暮らした場所だ。

ガテンさん
建築業のボラさん大活躍 かっこいい!


もう間もなくこの犬や猫のいたお部屋のコンテナーも撤去される。
跡形もなくなるのだ。

みんなこのシェルターに愛情をもって、感謝をこめて
最後まで力を合わせ頑張っている。


そんな最中、人がいなくなった夜間に
一匹の犬がシェルター内に置き去りにされていた。(UKC記事はこちら)

汚いケージにいれられぽつんと置かれていたそうだ。
そう若くはないオスのミニチュアダックスだ。


ダックス1


捨てられたのだ。

みんな怒りでいっぱいだったが、このコの可愛さには癒された。

おとなしくって誰にでも撫でられたり抱っこされる
人懐こい本当に可愛いコだ。

シェルター内のお掃除の時にお部屋に放していたが
かわいらしくチョコチョコと歩き、臭いを嗅いで 
暫くするとコテンと伏せて休む。
声をかけるとシッポを振って寄ってくる。
マーキングもしない。

ダックス2
  

とにかく全く人の邪魔にならない、手のかからない、
めちゃくちゃ飼い易いコだと思う。


このコを、
生涯責任をもって可愛がってくださる飼い主さんを募集
しています。

このコは捨てられました。

このコのこの先の犬生を愛情に満ちた素晴らしいものにしてあげたいです。

どうかよろしくお願いします。





そして

引き続き福岡シェルターでのボランティアさんも大募集しています。

青雲地図 現地地図 クリックで拡大します。


他の都市から飛行機で行かれる方へ

福岡空港から日田行きの高速バスで 甘木インター下車(40分位)
甘木インターからは車で15分位。

都合がつけば、タッズ母が迎えにきてくれます。(090-1157-2499)
不在時など都合がつかない場合はタクシーの利用をお願いします。


福岡空港⇒甘木インター バス時刻表は こちら


甘木インター⇒福岡空港  バス時刻表は こちら









banner2_20071218113724.gif クリック!


このページのトップへ
パリから帰った翌日、フライトの疲れもなんのその! 
頑張って 朝5時起きして
福岡に移転したばかりのUKCJAPANのシェルターに行ってきた。

前日に神奈川から1200キロの道をトラックに揺られてやってきた愛するワンコ達。
色々心配してたけど、みんな元気だったのでほっとした。


sorusu.jpg元気いっぱいソルス



福岡県朝倉市の山の中?にある緑豊かな広いシェルターだ。

犬たちの犬舎は建設が大幅に遅れていてまだ出来ていない為、
みんな暫くの間は仮説テント暮らしを強いられている。

完全に準備が整ってからの移動にして欲しかったけど、
そこには色んな事情があるのだろう、、仕方が無い。


ここは青雲ドッグスクールの敷地内
これからはUKC代表と青雲ドッグスクールの田辺先生、
ドッグスクールの訓練生の方達にお世話になるのだ。


100頭近くの犬たちを受け入れてくれた田辺先生のご厚意には
本当に頭が下がる。


でも、気になるのはUKCのワンコ達は今までのような
お散歩はしてもらえないこと。

もちろんお掃除の間にケージからは出してもらえる。
一日に何回か出してもらえる。
でもそれはいわゆるお散歩ではない。


あれだけの数の犬のお散歩をするには相当数の人出が必要なわけで
福岡には当然まだ定着したボランティアさんは一人もいない。

全て仕方が無いことなのだ。

施設の中には、広いドックランやプールもあり
環境的にはとても素晴らしいところです。


LEE.jpg LEE



足りないのは人出だけです。

そのことが気掛かりで、帰ってきた今でも気になって気になって、、。


代表の奥さんが言っていたこと。


人か環境か


シェルターはある程度の都会にあれば人は集まります。
でもそういう所ではこれだけの環境は望めない。

人も凄く大事だけど、今回は環境を選びました。


というような事だった。


私の考えとは逆だ。
私は犬は 環境よりも人だと思っている。
両方揃っているのがもちろん一番いい。
でもどっちかを取るなら 人だと思う。

だっていくら広いドックランがあっても
そこで遊ばせてくれる人がいないのなら何の意味もない。


今はとにかくなるべく多くのボランティアさんに集まって欲しい。


見ている人のごくごく僅かの私のブログで言っても
何の助けにもならないと思いつつ
今回ばかりは声を大にして呼びかけたい。


boss.jpg ボス


福岡の皆さま、どうか、どうか宜しくお願いします。

里親希望の方も是非一度いらしてください。
みんなみんな待っています。






banner2_20071218113724.gif クリック


このページのトップへ
今月25日に福岡へと移転するシェルター(UKC JAPAN)。
いよいよカウントダウンである。


お引越し当日は大勢のボランティアが集結して 大型トラック4台で出発する。
福岡まで一緒に同行するボランティアさんもたくさんいる。

私はその日は仕事で参加できないのが残念で仕方がない。
でも、福岡には後日、追いかけてお手伝いに行くつもりです。


そして、私は昨日が最後のシェルターでのボランティアだった。
最後の週とあって、たくさんのボランティアさんで大賑わい。

140521_1538~01癒しの時間(横にみてね!)

最後まで本当に楽しかった。


犬たちも本当に可愛いかった。
そして特筆すべきは ここに集まるボランティアさんの素晴らしさ。
代表を始め、とってもハートのある本当に魅力的な人たちばかりだった。



すべての出会いに 感謝でいっぱい。
素晴らしい時間を共有できた事がなによりも 嬉しい。

とうとう犬たちともお別れだ。


o0461036412948814575[1]


ここ2か月位の間は毎週 里親譲渡会をやっていたので
移転を目前にシェルターを卒業して幸せになったコ達がたくさんいる。

ボランティアさんが引き取ったケースも多かった。

私には無念が残る。。。


結局 私は1匹の里親にもなれなかった、ということ。
私自身の手で幸せにしてあげることは全くできなかったのだ。

仕方のないことだけど やっぱり悔いが残る。

連れて帰りたいコはいっぱいいた。

そんな思いを ぽつりと呟いた時
ひとりのボランティアさんがかけてくれた言葉に
胸がじんわりとした。


「いつか迎えられる時期はあります。

ねぇねぇさんの愛情はタンタン、レオンの心に残っていますよ。」



タンタン、レオンは中でも私が最も可愛がり 愛情を注いだワンコだ。

2匹ともシェルターを卒業し、今は幸せに暮らしている。


そっか、里親にはなれなかったけど、
せめてタンタンとレオンの心の中には残れるのかもしれない。

不自由なシェルター生活の中での 楽しかった記憶として残っててくれたらいい。


うん、それで十分だ。。。



みんなみんな 福岡で新しい縁が繋がりますように・・・。




幸せつかめーーーー!






banner2_20071218113724.gifクリック!
このページのトップへ

FC2Ad

Information

ねぇねぇ
  • Author: ねぇねぇ
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

ねぇねぇ

Author:ねぇねぇ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。