ねぇねぇ日記

西へ東へ飛びまわる犬きちフライトアテンダントのスモールワールドな日常。。。

さんごがとうとう亡くなりました。

11月10日の夕方に、、、

16年と4か月の立派な犬生でした。


osumashi.jpg さんご


亡くなる4日前から全く立てなくなりご飯もお水も受け付けなくなって

いよいよ死が間近に迫っているのがわかりました。

私は出来るなら最期の瞬間を見届けてあげたかった。

でも結局また私は間に合わなかった。

仕事先のシンガポールで母からの訃報が届き 

ホテルの部屋で私は声をあげて泣きました。


131107_1939~02
      亡くなる2日前のさんご



翌日帰って来た私に 夫くんが言いました。

「悲しいかもしれないけど さんごは幸せだったと思うよ。
 
だから笑顔で送り出してあげようね」






生後4か月でフィリピンの小さな島(カオハガン島)からやってきて
その後、丸16年間を共に過ごしてきたさんご。
可愛くて可愛くて、、、
さんごは私たち家族の宝物でした。

ここ数年、どんどん老いてゆくさんごを見て いつか来るさんごとの別れに
怯えていた私。

考えただけで気がおかしくなりそうだった。

でもね、今は自分でも驚く程 冷静にさんごの死を受け止めている。


20131114070715c86.jpg 亡くなる前日のさんご




思えば去年の夏、子宮蓄膿症で15歳にして命がけの手術をして
その後 2週間何も食べてくれず痩せていき もう駄目なのかと
私たちは本気でさんごの死を覚悟した。

その後 さんごは持ち前の生命力で見事な復活をとげ
食欲と元気がいっぺんに戻ってきた。
どれだけ嬉しかったことか。

だからあれからの一年は神様からのおまけのプレゼントだったんだと思う。
あそこで死んでいてもおかしくはなかった命。


この1年ちょっとの間は それこそ1日1日が感謝感謝の日々だった。
そしてさんごとのお別れをする心の準備を徐々にしていくことができた。


だからお寺で最後のお別れをした時、お骨を拾いあげた時
そして今もまだまだ涙は出ちゃうけど


でも大丈夫、これからは笑顔でさんごを送り出すよ。


omiokuri.jpg
       もんちも一緒に見送りました。母の死を悼む・・・





さんごはいつも私たちの中にいる。



ありがとう、さんご


さよならは言わないよ




また会う日まで、、、。




















banner2_20071218113724.gif




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

Yumiさま

Yumiさま
お久し振りです。
コメントありがとうございます。

さんごが亡くなって2週間ちょっとが経ちましたが
実はなんだかまだ実感がありません。
Yumiさんの仰る通り きっと傍にいてくれているんだと思います。
時々、さんごの気配を感じて心がほんわかするんです。

  • 2013/11/27(水) 07:54:57 |
  • URL |
  • ねぇねぇ #vc00djJY
  • [編集]

久しぶりにお邪魔しましたら、さんごちゃんの訃報。。。
とても残念ですが大往生でしたし、ねぇねぇさんの愛情深く接しているお姿は
見習うべきところでした。
目の前に姿はなくとも、ずっとずっと一緒です。
ご冥福をお祈りします。

  • 2013/11/26(火) 12:45:42 |
  • URL |
  • yumi #r/cSIk3w
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

ねぇねぇ
  • Author: ねぇねぇ
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

ねぇねぇ

Author:ねぇねぇ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター