ねぇねぇ日記

西へ東へ飛びまわる犬きちフライトアテンダントのスモールワールドな日常。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ちょろりんアップ
  ちょろりん 我が家で唯一の血統証つきのアビシニアン




昨日、パリから帰ってきた。
フライトは往復共、結構混んでいて大変だったけど
ステイ中は街を歩きながらお買物したり、犬ウォッチングしたり、
フォアグラ食べたり、と久し振りのおパリを楽しみました。


帰国の前の日の夕方、会社経由で母から連絡があり祖母の訃報を聞いた。
祖母は高齢なのでそう長くはないだろう、と思っていたが
突然逝かれるとやはりびっくりして ちょっと混乱してしまった。


98歳。 


あとほんの2週間程で99歳を迎えるところだった。
ここ1年の間に少しぼけが入ってきていたが身体はわりと元気だったので
てっきり100歳まではいくものだと思ってた。
まあ、でも大往生だったと思う。

おばぁちゃんは とてもよくがんばりました。

私は特におばぁちゃん子じゃなかったけど、やっぱりもう会えないのは
さみしいな。。。

しかも、その時 私は遠い空の下。


去年、長年 一緒に暮らしていた猫のチョロリンが18歳で亡くなった時も
そうだった。
ちょうど、国内線を飛んでいて、沖縄にいた。
こちらも高齢で日に日に体力が衰えていっているのが目に見えて
わかっていたのでそろそろお迎えがくるね、とは話していたけど、
でも やはりそれは 私には突然の事だった。

だって、2泊3日の仕事。
家を出るときにはまだ見たところ 普通だったし 
だから 最後にどんな会話をしたかも 覚えてない。
それが 帰る日の前夜、やはり母から連絡があり急に衰弱し始め
どうやらもう駄目そうだ、と。

なんとか翌日 私が帰るまで待っていて・・・・と 
遠い沖縄の空から祈ったけどそれは届かなかった。

気が強く愛想の無い猫だったけど一緒に暮らしてきた18年を思うと
本当に辛くて泣けてしまった。

私はつくづく「まに合わない運命」らしい。

この仕事をしていればそれも仕方の無い事だ、と言ってしまえばそれまでだけど
でも船乗りでもないわけだし、帰ってきた日を含めれば月に半分は
家にいる。

でもみんなわざわざ私の居ない時に さよならも言わずに逝っちゃうのは 
どうしてなのさ!




どこにいても空はひとつに繋がっているけれど。。。







さんご昼寝
                長生きしてね・・・。













banner2_20071218113724.gif
クリックしてね
スポンサーサイト
このページのトップへ
こう毎日寒いと散歩も辛い。

犬たちも「寒いから今日はやめておこうよ~」なんて
たまには言ってくれないかしら、、、と思う。


もんちぐいぐい散歩
           もんちゃん今日も張り切ってます!



もともとは南国のフィリピンドッグなんだから寒さには強くない筈なんだけど
2人共、どんなに寒くてもたとえ雪でも元気一杯!

とにかくお散歩命!だもんね。。。



散歩親子


さんごなんかお家の中ではストーブにへばりついて離れないでいるくせに・・・。



我が家では日に2回(朝・晩)のお散歩は母とねーね(私)で手分けして
やっている。
私が仕事の時は母が、そして私が休みの時は私が中心でやっている。

犬達はそのなんの法則性も無いローテーションを実にすばやく理解する。


今日はいったいどっちがお散歩に連れてってくれるのか


彼女たちのお散歩生命がかかる重要事項である。


階段
                  とっとっとっ



よく私がフライトの前夜にスーツケースを広げて準備し始めると 
2人共「あ~・・・、また行くわけね。 んで、暫く帰ってこないわけね・・・。」
しらけ顔になり途端にねーね に見切りをつけ指針を母に向ける。

翌朝、ねーね が起きても何の反応もなく目も合わせない。。
いつもだったら私が起きるのを待ち構えていて飛びついてくるくせに。


スーツケースが無くても早朝4時~5時台に起きた時も一緒。
仕事以外でそんなに早く起きる事はありえないのを彼女等は知っている。


ねーねがばたばた支度をしていても全く我関せずといった感じで
ぐーぐー寝続けている。
当然お見送りなんてもんは ない。



しらけ親子
              それが なにか・・・?



まー、あっさりというか理解があるというか 
それは助かるところでもあるけれど


ちょっと さみちい。。。。










banner2_20071218113724.gif
1日わんクリック お願い! このページのトップへ
靴下タッチ
           寒いから靴下が必要なんです、わたし



昨日、東南アジアから朝帰ってきた。
気温30度からみぞれ降る0度の成田へ。
あまりの 寒さに
徹夜便で眠くてぼーっ としてたのに一瞬で目が覚めた。

更に
リムジンバスで爆睡して東京に戻ると、今度はがじゃんじゃん降っていてビックリ。

さむーーーーっ!!


寒いのは超苦手なわたし。
あぁ、30度の国に戻りたいー。

きっと私の全身の毛穴という毛穴は全開に開いたり、ぎゅーっと閉じたりと
さぞかし忙しかったに違いない。

でもこの刺激が肌の老化防止によかったりして?!


女はが命。
ちなみに歯も大事。

男性もしかりだけど、やはりこれは基本中の基本だと思う。
お金を使うなら洋服とか宝石とか車ではなくまずは こっち。


・・・って私もそれほどお金をかけているわけじゃないけど 
ある程度、気は使っている。

ステイ先ではエステに行くけど日本では高いので 
もっぱらお家でパックにいそしむ。
今、気に入ってるのはプラセンタパック

香港の空港でいつもまとめて購入しているのが、
yukeidoの羊のプラセンタ(胎盤)パック。


プラセンタ
             さんちゃんもご愛用?     



ちょっと匂いがきついのが気になるけど使った後はとてもお肌がしっとりする。
ありがとー!  羊ちゃん



さんごパック
           おいしそう!?



あとは ストレスをなるべく溜めないように自分を癒します。
癒しといえば、私の場合、もちろん でしょう。



ありがとー!  



もんち綱引き前
              もんち、待ってます


それっ!
綱引き中


えいやっ!


もんち綱引き
 
まだまだっ!




我が家のヒーリングドッグ達よ。。。


本当にありがとう。。。








banner2_20071218113724.gif
ブログランキングに参加してます。クリックおねがい! このページのトップへ
さんご物思い
          時々 物思いにふけるんです、あたし。



昨日書いた通り、今回の旅は 往復 ルフトハンザを利用した。
当たり前だが、普段 飛行機にはイヤというほど乗っているが 
なかなか他のエアラインに乗る機会はないので興味しんしんである。

まず、フランクフルトまで行って、小さい飛行機に乗り換えてフィレンツェへ。

飛行機はかなり古く個人用テレビなんてのも もちろん無し。
食事や飲み物を運ぶカートも びっくりするくらいボロボロ。
乗務員もポニーテールしてたり親指に黒い指輪をしてたり
私物かと思うようなロングブーツを履いている人もいたりと 
我が社と比べるとかーなり自由な感じ。

サービスも実にシンプル。


ドイツビール
                ドイツビールで 乾杯!

そして食事のサービスが終った後には ギャレィ(台所)の中で
お茶を飲みながら ぺちゃくちゃお喋りしてたり
クルーシートに座ってゆっくりと新聞を読んでたり、と
皆、実に自由に寛いでいた。

う、羨ましい・・・・。

どれもこれも 我が社では考えられないことだ。
でも 不思議とそれらの光景を見てもあまりにも自然体すぎて
なーんとも思わないのだ。
きっと 他の普通の日本人旅客もそうに違いない。

クルーがあれだけ寛いでいるから旅客も寛げるのかなぁ、、、。

ハード面は確かに物足りない感があるけど、乗務員は皆、感じがいいし
適度にほっといてくれるところが気楽でいいのかも。


上空
     ヨーロッパ上空  めざせ!フィレンツェ~!


その点、日本のエアラインはちょっと窮屈すぎるかな、と思う。
そういうきちんとしすぎた雰囲気がお客様の目を 
自然と厳しくさせてしまっているような気がする。
でも 多分それは日本の文化だし、日本人ならではの良さでもある!
とも思う・・・・んだけどねぇ。


ちょっとびっくりしたのは朝食のサービス時、ビールを頼んだ人が
「ブレックファーストなんだから!」といって乗務員にきっぱりと断られていた。

飲みたいって言ってるんだから 出してあげたらいいんじゃないの?と
思ったが、でもちょっと羨ましい。。。一度言ってみたいかも。ははは


そんなわけで サービスにはなんの不満も感じなかったけど、
満席でしかも通路側じゃなかったから 身体はきつかった。
また 隣の通路側の人が全く席を立たないからトイレに行くのも大変。
ちょっとは気を使ってたまには席を立てよー!と内心イカル私たち。


でも、お客様の気持ちがあらためてよーく分かりこれもお勉強かしら・・・と。


そう言えば以前、エコノミークラスで身体の大きな外国人が 
「なんで体の大きな自分がここの席で あの小さな人が非常口前の
足の広い席に座ってるんだ!」


と物凄いクレームをつけ 仕舞いには「あの人に席を換わるように言ってきてくれ」と 
むちゃくちゃな事を言ってきて 

「んなもん 自分で言ってこいよっ!!!」


と心の中で叫びながらも収拾がつかないので、
その非常口前座席にいた小さな日本人のおばちゃんに おそるおそる
「あの大きな外人さんが席を替わって欲しいと言ってるんですが
もっちろん嫌ですよねーーー!」

って冗談っぽく話かけたら
案の定、「私も足を伸ばしたいから、、、」と控え目に断られた。

そりゃあ、当然である。

結局、その外国人には諦めてもらったが 今となってはあの大男のキモチも
わからないでもない、、、、かな。
全く身動きの取れない席での10数時間はまさに拷問だよね。
うん、 わかるよ、わかる。 うん。



でもぉ・・・、モノの頼み方を知らないアナタは 文句つける前に
次は ビジネスクラスに乗れるよう頑張って働きましょーね。



って、私も相当 いじわる???



もんちのなぁに
            え?! 知らなかったの???











banner2_20071218113724.gif
ブログランキングに参加してます。クリックお願い!
このページのトップへ
今朝、イタリア「あほ買いツアー」から無事帰国した。
向こうは小雨が降り続ける毎日で 結構寒かったが 
成田に着いたら こっちはもっと寒くてびっくりした。

ポンテベッキオ
          どんよりな ポンテベッキオ
猫足
              どすこいっ!?



いやぁ~・・・、予想通りのあほな旅だった。
今回は久々にフィレンツェに4泊したが 見事に観光らしきものは
一切せず、ひたすら精力的に狩りを続ける3人


あんたはムカデかぃ!?と思うほど ブーツを買いまくる友人
                (しかも殆ど全てロングブーツ)

プラダの革のロングコートを初日に即買いし(しかも何故か レディース物) 
それを雨の中着続け 大胆に濡らすその夫

「寒い、寒い」を連呼して友人夫婦にうるさがられ、そのせいか気が付いたら
コートを3着も買っていた


私たちは着実に 毎日荷物を増やし続けたのだった。


そして、仕舞いにはフィレンツェだけじゃ用が足りず 往復6時間かけて
ミラノまで足を伸ばす始末。。。
これはさすがに疲れた~。 

ユ~ロスタ~
       ユーロスターで 日帰りしてきたのだ 


そして
最終日はあまりに疲れがひどかったので夕方に一度ホテルに戻り
ちょっとだけ休憩してから最後の晩餐に出かけよう!
な~んて言って、ほんの少しのつもりで それぞれベットにごろりと横になったら
なんと翌日の朝まで寝こけてしまったのだった・・・。


あぁ~・・・ あほ すぎるぅ~


ルフトハンザ
      ルフトハンザで 行ってきたのだ。



「お買物&美味しいイタリアンの旅」これにて 無事 終了。。。



追伸、KY夫婦~! また行こーねー!









banner2_20071218113724.gif
今日も1クリック お願い!


このページのトップへ
もんち横アップ
         その澄んだお目目で何みてる?


ちょっと前に友人夫婦とバンコクに遊びに行く計画をたてていた。
タイは東南アジアの中でも一番好きな国。
できれば1年に1回は遊びに行きたいなーと思う。

・・・というわけで 今回も楽しみにしていた。


ところが、である・・・
いつの間にやらその行き先がかなり強引な理由で変更されていた。

しかも ホテルの部屋は3人部屋を取ったという。
さすがにこれには、抵抗した。

確かにこの夫婦とは 気のおけない仲間といった感じで 
とても仲良くしてもらっている。

が、しかしホテルの部屋くらいは1人で寛ぎたいと思うじゃないのさ。

しつこく抵抗するも むなしく却下。

「いいの! 3人一緒で。もー、うるさいよ!」

「・・・・・。」


おとなしく従うしかないようである。。。

さすがは(話題の?)B型オンナである。  
かなうわけがないのだ。。。




と、いうわけで「イタリア あほ買いツアー」に行って来ます。
今、向こうは 冬の大セールの真っ只中。


あ~ 自分がこわい。  

行くと バカみたいに買物しちゃいそうだから出来れば行きたくなかった。

でも何故か持っていく洋服を控えめにしてスーツケース内のスペースを 
ちゃんと確保している私。


あぁ。。。  自分で自分がイヤになります。。。。











banner2_20071218113724.gif
ブログランキングに参加中。1日1クリックおねがい! このページのトップへ
まったりさんご
まったりしながらも耳を広げて いつもお話聞いてるんです、あたし。



自称、犬キチフライトアテンダントとしては どこにいても犬の存在が気になる。
ステイ先の街でも飼い主と仲良くしっぽをふりながら 
嬉しそうに散歩をしている姿を目にすると嬉しくなって思わず 
目で追ってしまう。

ヨーロッパ、特にフランスなんかでは犬が完全な市民権を得ていて
お店や電車など どこでも飼い主と一緒に入っている。
それが 実にお行儀がよくて誰にも迷惑はかけていない様なのだ。

モンサンオムレツ犬
 お行儀よく待ってるのだ!*クリックで拡大


そう言えば、以前パリのエルメス店内でボクサーのような大型犬を見かけた。
所在無げに1人でたたずんでいたので 近寄りなでなでして遊んでいた。

暫くすると「おーい! サブ、サブ」と飼い主の声。
見るといかにも現地在住のアパレル系業界人っぽいお洒落な日本人男性が
買物を終えてお店を出ようとしていた。

「さ、さぶぅ????」 さぶろう・・・ 三郎??
飼い主が日本人だった事と、その古典的な和風の名前がその場に
そぐわず その物凄いギャップにとても笑わずにはいられなかった。

お留守番犬
パリのスーパーの前でママが出てくるの ボクひたすら待ってるんです。


交通量が多い街中でも よくノーリードでの散歩風景を見かける。
犬はふらふらと好きに歩いているようで、でもちゃんとご主人様と
一定の距離を保っていて付かず離れずといった感じで歩いている。
信頼関係が目に見えるようだ。

道路によくふんが残されているのがたまに傷なんだけど、ね・・・。

ふんといえば・・・、

去年、チェコのプラハに行った時、街中で面白い物を見つけた。

プラハ
                 ん?!
    
よく見ると、犬のウンチ袋のスタンドだった。
中に折り線の付いた厚紙が入っていて それを折ってスコップ状にして
うんちを拾い、この紙袋にそのまま収納する、といった形らしい。

プラハのうんち袋
            プラハのうんち袋

デザインが可愛かったのと物珍しさで私は飛びつき 
犬は連れてないが3枚程もらってきてしまった。

今でもプラハの思い出の品として 大切に保管してある。


・・・まあ、ふんはともかくとして、人間と共存する犬の世界が
日本のそれに比べると立派に認められていて 羨ましく思う。
しかもそれがごく自然に出来てしまっている感じなのが すごいと思う。

でもねー、 もし仮にヨーロッパに住んでたとしたって
我が家の犬じゃ とても無理。
世間に申し訳ない。
両親はねーね(私)が甘いから しつけができないんだ!
なんて言うけどさ、

私だって 苦労しているんです。 
(犬の)親として これでも必死にやってるんです。

3年前、もんち(2歳の時)のしつけに手を焼き、悩みに悩んだあげく 
訓練学校にいれた事だってある。
半年間預けて43万円もかかった。

ねーねも足しげく通いもんちと一緒に本当に頑張った。


でも今では すべて忘却の彼方。。。


そーです。  きっと私が悪いんです。だめ親なんです。。。

ねーー、もんちゃん。
駄目な者同士 これからも肩寄せあって生きていこう・・・・ね。



もんちの大好きガムガム小
                
                 「 ・・・・・・。 」









banner2_20071218113724.gif
今日も1クリック お願いします!


このページのトップへ
もんち袋
  わーい!北海道みやげだぁ!もんちが1番乗りなんだもんねっ。



普段は国際線を主に乗務しているが 月に1~2度は国内線も飛んでいる。
朝が死ぬほど早かったりする事を除けば(4時起きなんてのも ざらにある) 
仕事的にも環境的にも ほっとできていい。

国内空港で乗務員が最も好きなのは札幌の新千歳空港だと思う。
行った事がある人はわかると思うが、あそこの食品売り場は楽しい!
規模がかなり大きくて 北海道ならではの海鮮もの、乳製品、そして
お菓子やケーキなどが豊富で絶対、何か買わずにはいられない。

そしてスイーツ類には数年おきに流行りが変わる。
昔からの北海道の有名なお菓子は六花亭のバターサンドや 
話題(?)の白い恋人なんかがあるが私の時代はもう違っていた。

10数年前には北菓桜のシュークリームが流行った。
皆、必死で買っていた。もちろん私も買いまくった。
最近ではじゃがポックル(北海道限定販売)が有名かしら。
これも一時期は品薄で午後に行くと売れ切れで買えなかったりした。

一度、流行り始めるとクルーの間で物凄い勢いで広がり 連日、何十人もの 
乗務員が買い漁るのだ。
やがてそれが世間にも広がっていってるような気がする。

今の私のお気に入りは小樽発の製菓、LeTAO(ルタオ)」のチーズケーキだ!

ルタオ
  *クリックで拡大
ルタオカット

これは本当においしい! 直径12センチくらいのホールケーキだが
気を付けながら食べないとあっと言う間に全部食べちゃってたりする。
怖いケーキなのだ。


我が家の犬たちも その魅惑の味を既に知っている。


揃って待てじー
             「待て!」が長すぎるっす




もんち食らうパク
      ぎゃぁーーっ! お前が先に喰うのかーーっ!  



そう言えば、昔 バンコクのキルティングのバックやポーチも流行ったなぁ。
私たちの間では通称「ぞうさんバック」と呼ばれていたが
これが何故か異常に流行り、毎回 皆 あほみたいに買っていた。
そのためにわざわざ大きいスーツケースを持って来る人も結構いた。

ぞうさんバック
     まだ持ってました。ぞうさんバックのいろいろ。

それがそのうち「スチュワーデスバック」とか「リボンバック」なんて名前で
日本にも輸入されるようになり なんとついには三越でセットになって
売られていたのを見た時にはびっくり!たまげてしまった。

そのぞうさんバック屋の主人はどえらい儲けてベンツを買っただの、
長者番付けにのっただのという噂も 耳にした。
ほんまかいな?!    でもちょっとホントっぽいかも。。。


あとはインドのパシュミナストール。
これも数年前に相当流行り、インドに行くとパシュミナ屋に何時間も
入りびたり、1人何十枚も買っていた。
皆、家族や友達、はたまた同僚からも注文を受け 
または頼まれてもいない人の分までせっせと買い込んでいた。 
あれにはインド人もさぞ びっくりした事だろう。。。


もんち袋2
             おバカで~す!



はやり物に弱すぎる私たち。
そして 口コミのその早さ。 
昔から3日もあれば 世界各国に滞在している者も含め 
数千人いるクルーの耳に知れ渡る、
とまで言われている。



それはそれは 恐ろしいほどの伝達力・・・。
でも ちょっとおバカで我ながら笑っちゃうのだ。









banner2_20071218113724.gif
1クリックお願いしまーす このページのトップへ
乗務員に多い血液型は ずばりB型である。
正確に統計をとった話ではないから本当のところはわからないが
私、独自のリサーチによれば 間違いなくB型がダントツに多い。


もんち腕組
      もんちも 典型的なB型オンナ?


日本人に一番多いのはA型な筈なのに何故? と思うが、きっとB型気質が
この仕事に一番合っているんだと思う。

私が思うにB型の人は・・・
 
芯が強くて人に惑わされない。
独自の世界観を持っていて 他人がそれをどう思おうと全く気にしない。
単独行動が好き。思ったら即、行動。
失敗しても たいして気にする様子もなく、次の瞬間には 
もう別の事を考えている。
つまり 究極のマイペース人間(自己中?)
そして最後に『B型である自分が好き』



・・・と こんなところだろうか。
こんな勝手な事を書いてB型の人に怒られるかもしれないが
この仕事にはもってこい!なんだと思う。
体力も大事だが精神の強さはもっともっと大事。 これ私の実感。


そういう私もこの仕事をしている内に精神力はかなり鍛えられたと思う。
もともとはナイーブ?な A型なんですけど、、、ね。


さんごマット
        さんごも 繊細なA型って感じかしらん?



と 言うわけで私はB型集団に囲まれて仕事をしている。
そして「慣れ」とは恐ろしいものである。

だってさー、言っちゃ悪いけども 
私は昔からB型人間が苦手だったんだもんね。
理解に苦しむって感じ。

それがさー、今じゃ全く気にならないんだもん。
それどころか一緒にいて一番おもろいのは 断然 B型
とまで思うようになってしまった。

大抵 自分とは全く正反対の思考回路だったりするので 
それが逆に面白く感じる。そして実は意外と単純だったりして
慣れるとわかり易くて結構 楽だったりもする。

でもね、これはあくまでも友人に限ります。
゛彼″とか いわゆる、゛パートナー″となる男性に関してはB型

絶対ムリ!


これは過去のいくつかの苦~い経験から学んだ事である。。。

自分に無いものを強く持っているB型オトコには 確かに惹かれる。
でもうっかり付き合ってしまうと私は必ずへとへとになってしまう。

「振り回しているつもりが全くない男 に 
                 勝手に振り回されまくってる気の毒な女」



ってな 感じ?



ねー、 どーなのぉー?    これって私だけ????









banner2_20071218113724.gif
ブログランキングに参加中。クリックお願い!

このページのトップへ
遊んでます小
      噛めば噛むほど味がでる不思議なボールだよ。  もんちより



泊まった事はないけど大好きなホテルがある。
西新宿の「パークハイアット東京」
とても洗練されていてステキなホテルだと思う。

めったに行く機会はないのだけれど、毎年、お正月には41階のラウンジで
ささやかな新年会をする。
もちろん今年も行ってきた。
メンバーは決まっていて ねーね(私)+老婆2人の計3人である。


アフタヌーンティ
      アフタヌーンティーしたのだ。 優雅でしょ?


老婆1号は 70歳の我が母、そして2号は74歳の母の親友である。
2人共、70代とは思えない程 元気はつらつで未だに現役で働いている。


老婆1号2号
               老婆1号(左)&2号(右)


このメンバーで食事をする時は 当然のようにいつもねーねがスポンサーである。
この老婆2号は近所に住んでいるが、独り身なので私もなにかと気になり
半分身内の親戚のおばちゃんのように思っている。

去年の夏、ボリショイサーカスに招待したら2人とも 
「サーカスなんて何十年ぶりだろうか!」と喜び 思いっきり楽しんでいた。


かわいい老婆たちである。
母もよく言っているが「老いては子に従え・・・」ってね。
見習いたいものである。


機内でも かわいい老人をよく見る。
元気なのはやはり おじぃちゃんではなく おばぁちゃん達だ。
このおばぁちゃん達は 何故かみんな必ず帽子を被っていて
そして何故か 背も皆、同じくらい。 

ちょこちょこ揃って飛行機に乗ってくるその姿は、
森の小人たちの行進みたいで 実にかわいい!

私は昔から子供と老人はわりと好きなのだ。
もちろん、どちらも かわいい 事が絶対条件だけど・・・。
そして、かわいくない人には 結構 冷たいです、私・・・。 にひっ




お互いかわいいおばぁちゃんになろーね、 さんご!


ガム中さんご
  は~い! 白髪だらけでも あたしかわいいんです!








banner2_20071218113724.gif
ブログランキングに参加中です。クリックおねがい!


このページのトップへ
新年 明けましておめでとうございます


さんご迎春
           さんごからのゲーシュン



1年が過ぎるのは本当に早い。
毎年お正月と誕生日がくると いつも「え!もう1年が経っちゃたの?!」、と
毎度ながら驚いてしまう。 気持ちが全くついていけないのだ。

特にこの仕事をしていると1ヶ月なんてあっという間に感じる。
毎回、日本に帰ってくると いつのまにか日が何日か過ぎている、
といった感じ。
ステイ先では 日にちの感覚があまりないし、仕事しながら機中泊で日付けが
変わるという事もよくある。

東京のお家に帰ってきてテレビやドラマなんかを見て日にちの感覚を
やっと取り戻す。    そうすると 
「えー!、わたしのこの何日間は一体どこに行っちゃったのぉ~・・・」と 
ちょっとずるをされたような気分になる。


さんごあくび春
         あくびしている間にも時は過ぎる・・・



今年も年末年始は仕事で29日から出て 元旦に帰ってきた。
年越しは機中で忙しくばたばたして働いているうちに終ってしまった。
でも 今回は2日から4日間 お休みでお正月気分をちゃんと味わえたので
らっきーだったと思う。

3年前は結構、悲惨だった。
なんと 31日の大晦日から11日間の南米線が入ってしまい、
ステイ先のブラジルでは治安がよくないので気軽に外を歩くことも
出来ず、ひたすらホテルの中で過ごした。
そして やっと帰ってきたらお正月なんてもんは もうとっくに終っていて
いつもと変わらない 日常。。。   さみしーーー! 寂しすぎるぅー!


休んでるんです小
             とほほ・・・


今年は働き始めてから 初めて年賀状を1通も出さなかった。
普段は面倒くさがりやの私だが年賀状だけは律儀に毎年出していた。
やはり社会人として新年の挨拶くらいはキチンとしておくべきだ、
と思っていたからだ。

でも今年は何故か全く書く気がせず とうとう書かなかった。
なんでかしら。。。 自分でもよくわからないけどなんだか心が忙しく
気持ちに余裕がなかったような気がする。
でも1回 これをやってしまうと 
なーんだ、、、書かなくても別になんの支障もないじゃん! と
悪いくせがついてしまいそうだ。

友人からの年賀状は子供のお写真のオンパレードで 
人の子供のその成長の早さに驚かされる。
そして家族の歴史を感じさせられて羨ましさでいっぱいになる。

そして私も今年こそ!!

と 小さい胸に誓い、気持ちを奮い立たせるのでした。


・・・という事で 

みなさま 年賀状 どうもありがとう。
ここらこそ 今年も 宜しくお願いします。
私はこの通り 相変わらずのんびりそして健康にやってます。




と、ここで言ってみたところで このブログごくごくわずかな人にしか
教えてないので あまり意味がなかったのだ。。。





みなさんにとって 良い1年でありますように。。。    さんご・もんち&ねーね より







banner2_20071218113724.gif
1日わん!クリックお願いします
このページのトップへ

FC2Ad

Information

ねぇねぇ
  • Author: ねぇねぇ
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

12月 « 2008年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

ねぇねぇ

Author:ねぇねぇ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。