ねぇねぇ日記

西へ東へ飛びまわる犬きちフライトアテンダントのスモールワールドな日常。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
あけましておめでとうございます。

我が家は ハワイ島 にて新年を迎えました。


DSCF0064.jpg
                        あろ~は!
   

ホノルルは仕事や旅行などで もう数え切れないほど行っている私ですが
ここハワイ島に滞在するのは実はまだ2回目。

一度目はもう随分前に同期とゴルフ旅行で来たけれども 
ホテルとゴルフ場の往復しかしておらず 
それも殆ど記憶に残ってない状態。

なので今回はたっぷりと島を楽しんできました。


そこは・・・

広くて青い空と 溶岩の島でした!


この島にきた目的のひとつ、それは夫くん強いリクエストだった、

マウナケアの山頂からの日の出を見ること。


夫くんがしきりに、日本人はやっぱご来光でしょーー! というので

太公望ハワイ社のサンライズツアーに参加してきたのだ。


深夜1時45分にホテルを出発して 途中、山の中腹で満点の星空を観察。
あまりの星の多さに早くも感動。。。 すごすぎる・・・。
流れ星も流れまくり!

そして4000メートルを超える山頂まで 4WDであっという間に到着。

ささささいーーーーーーっ! (マイナス12℃) そりゃあ寒いわ・・・。


そんな寒さにも負けず ハイテンションな夫くん
雄たけび
うおーーーーっ! おたけびガッツの図

寒いのは辛かったけど とても素敵な新年を迎えられました。


その他 この島で出合った動物たち 

いるか
                  可愛すぎる いるかちゃん 


くじら
               よくわからないけど くじらちゃん


ブラックサンドビーチの亀さん
                誰も干渉しない亀さん

あひる
                アフラックのあひるちゃん


レスティ
                        レスティくん 


現地の住人か旅行者かはわからないが 結構アメリカ人がとヴァケーションしている。

を見つけるたびに擦り寄るわたし。


 この子も人懐っこくってかわいかったなぁ~~~。飼い主のお兄さんもかっこよかったしぃ・・・ナリーのお勤め
ナリーちゃん(♀)ありがとーー。                        「・・・・。」      







癒されまくりのハワイ島(コナ)でした! 







もんち憮然お土産よこせ!  by もんち





 



banner2_20071218113724.gifクリック~!                    









スポンサーサイト
このページのトップへ
スペイン階段
        竹下通りじゃありませんよ!  奥はスペイン階段ね。


夫くんがお盆に少しまとまった休みが取れると言うので
アモ―レの国 イタリアに行って来た。

イタリアは結婚する2、3か月前に 友人夫婦と「あほ買いツアー」に行った以来だ。

夫くんは 今回が初めてのイタリア上陸だ。
夫くんの希望は・・・
「カプリ島の青の洞窟には絶対行きたい!」        
「いろいろ観て周りたい! けど忙しいのは嫌!」「リゾートでゆっくりして海で泳ぎたい!」
「レンタカーしてドライブもしたい!」国際免許取って無いので却下
・・・という勝手ものだった。

思いついた事を適当に言って あとは当日を待つのみ。
気楽なもんである。
出発の飛行機の中でようやくガイド本を開き

「で~、俺達結局イタリアの何処に行くんだっけ~?」ってな感じ。


はPCに何日間かへばりついて 
まず日程を決め、飛行機の予約状況をチェックして
ホテルも口コミ評判やロケーションを
入念に調べてから予約を入れ 
電車で移動する際のユーロスターの時刻も調べて 
更には
図書館で最新のガイドブックを借りてきてさまざまな情報を集め
万全の準備をするのである。


がおー 吠える妻 



もともとマメでこういう作業が得意で好きならいい。
が、私は全く好きではなく できれば誰かにお任せしたい方である。

はぁ、、、、 「あほ買いツアー」の時は楽だった。
友人はわりとマメなので ぜーんぶお任せだったもんなぁ。


今回泊まったのは
ソレント(1泊)、ローマ(3泊)、ベネチア(2泊) 

ベネチア 水の都 ベネチア



南から北に縦断した感じ。
忙しいようだが 実際はそうでもなく丁度良かったと思っている。

彼が楽しみにしていた「カプリ島の青の洞窟」
ローマからの現地ツアーを利用して行ったが 生憎、波が高く入れなかった。

代わりに猛暑の中 カプリ島を歩き周って観光した。
私たちもガイドの伊おじさんも汗だくだった。

カプリの海

               カプリ島の碧い海に感動。。。


洞窟に入れる確立は結構低いと聞いていたので 
私はやっぱりねー、って感じだったが

夫くんはよほど悔しいらしく 青の洞窟の運営者たちをしきりに疑っていた。

1日2000人以上の人が 洞窟ツアーに訪れると聞いたので 
そんなにさばけるわけがないから 適当に人数を調整してるに違いない!と。

我々のツアーガイドのおじさんの政治力が足りなかったせいだ!と。

カプリリフト
               夫くんとガイドの汗だくおじさん


ま、でも海は十分青かったし 
他にもポンペイの遺跡運河の街のベネチアなど
夫くんは十分楽しんでいたと思う。

ポンペイ遺跡は 実は私今回で4回目。 もう大好き!
何回訪れても興味深いところなのだ。
だから夫くんにも是非観てほしかった。

ポンペイベスビオ     
         ベスビオ火山とポンペイの町


車でドライブは出来なかったけど 
ベネチアの至近の島、リド島でレンタサイクルで島を1週したし


サイクリング
            ゴキゲンの夫くん♪


ローマに着いた初日の夜 テルミニ(中央)駅周辺の汚さに 辟易し
イタリアはもう来ねー、と言っていた綺麗好きの夫くんも 
帰る頃にはだいぶ印象を持ち直したようで また来たいようなことを
言っていたので 妻もほっとしたのであった・・・。ふぅ~。




しかししかし、
こぉーんなにお買い物を全くと言っていいほどしなかったイタリアは
本当に初めてだわ。

ユーロがこーんなに安い 絶好のチャンスだったのにさ、、、。




ちっ



100627_1806~02 お留守番ありがとね~






banner2_20071218113724.gif クリック!











このページのトップへ
ひな壇だるま




今朝 起きたらふくらはぎが痛い。


3日前に会社でやった体力測定の後遺症が今頃きたか・・・。
1年に一回あるこの任務、腹筋運動や踏み台昇降、ジャンプ、ストレッチなど
普段やらない運動をさせられる。


私は比較的 犬の散歩で普段から人よりは歩いている方だと思うので
脚力、持久力には 多少自信がある。
あ、あともんちの引っ張り癖のお陰で腕力?も・・・。


この測定結果は A~Eまでランク付けされもちろん会社に報告される。
私は大抵がBであとA、Cが少しづつってな感じ。(Aが一番良い)
これでも まーまー優秀なんです!   (体力は、ね)


それにしても悲しいかな体力は歳と共に年々衰えるもの。。。


ぴよぴよ
                    とほほ・・・。



でもねー、誤解することなかれ!!
さすがに筋肉痛が3日後に来るほど老いてないのだ!


なんと 超久々にスキーに行ってきちゃったのだ。
多分、10数年ぶり。
その昔、学生の頃は毎年シーズンに1、2回は行っていた。
社会人になってからは北海道のニセコに2、3度行ったかなぁ。

そしてちょうどスノーボードなんてものが流行りだした頃には
もうすっかり足を洗っていた。

スキーにしてもゴルフにしても行ったら楽しいんだけど
面倒くさがり屋の私は行くまでがいつも腰が重い。


ski.jpg
           わーーい!    はしゃいでます ↑


今回、久々に行く事になって、まずウェアを買いに行った。
なるほど、、、。  私の時代とはおもむきが違う。
やはり今はスノーボードが主役の時代のようで上村愛子ちゃんみたいな
スノーボーダー系のウェアばかり。 
ちょっとヤングな渋谷系って感じね!って思った自分が
すっかりおばさんのようで悲しかった。


聞けば、板も昨今は短めが主流らしい。
昔は板は長い方が 上級者の証でかっこよい、とされていたが
もうそういう時代は終ったそうだ。


そう言えば、学生の時、 
「私をスキーに連れてって」なんて映画が流行ってたなぁ、、、
な~んてしみじみと思いだしながら時代の流れに感じ入ってしまった。。。 



滑る前はちゃんと滑れるか心配だったけど、ちゃんと体が覚えていたようで
人に迷惑かけることもなく滑れたし
平日だったせいかスキー場もガラ空きで山の景色を楽しみながら
大いに満喫。  そして夜は温泉♨



そして昨夜、帰ってきて、今朝筋肉痛。
うん、順調、順調。



まだまだ、体はナウヤングでしょ?










banner2_20071218113724.gif
ランキングに参加中です。 クリックお願い!



このページのトップへ
さんご物思い
          時々 物思いにふけるんです、あたし。



昨日書いた通り、今回の旅は 往復 ルフトハンザを利用した。
当たり前だが、普段 飛行機にはイヤというほど乗っているが 
なかなか他のエアラインに乗る機会はないので興味しんしんである。

まず、フランクフルトまで行って、小さい飛行機に乗り換えてフィレンツェへ。

飛行機はかなり古く個人用テレビなんてのも もちろん無し。
食事や飲み物を運ぶカートも びっくりするくらいボロボロ。
乗務員もポニーテールしてたり親指に黒い指輪をしてたり
私物かと思うようなロングブーツを履いている人もいたりと 
我が社と比べるとかーなり自由な感じ。

サービスも実にシンプル。


ドイツビール
                ドイツビールで 乾杯!

そして食事のサービスが終った後には ギャレィ(台所)の中で
お茶を飲みながら ぺちゃくちゃお喋りしてたり
クルーシートに座ってゆっくりと新聞を読んでたり、と
皆、実に自由に寛いでいた。

う、羨ましい・・・・。

どれもこれも 我が社では考えられないことだ。
でも 不思議とそれらの光景を見てもあまりにも自然体すぎて
なーんとも思わないのだ。
きっと 他の普通の日本人旅客もそうに違いない。

クルーがあれだけ寛いでいるから旅客も寛げるのかなぁ、、、。

ハード面は確かに物足りない感があるけど、乗務員は皆、感じがいいし
適度にほっといてくれるところが気楽でいいのかも。


上空
     ヨーロッパ上空  めざせ!フィレンツェ~!


その点、日本のエアラインはちょっと窮屈すぎるかな、と思う。
そういうきちんとしすぎた雰囲気がお客様の目を 
自然と厳しくさせてしまっているような気がする。
でも 多分それは日本の文化だし、日本人ならではの良さでもある!
とも思う・・・・んだけどねぇ。


ちょっとびっくりしたのは朝食のサービス時、ビールを頼んだ人が
「ブレックファーストなんだから!」といって乗務員にきっぱりと断られていた。

飲みたいって言ってるんだから 出してあげたらいいんじゃないの?と
思ったが、でもちょっと羨ましい。。。一度言ってみたいかも。ははは


そんなわけで サービスにはなんの不満も感じなかったけど、
満席でしかも通路側じゃなかったから 身体はきつかった。
また 隣の通路側の人が全く席を立たないからトイレに行くのも大変。
ちょっとは気を使ってたまには席を立てよー!と内心イカル私たち。


でも、お客様の気持ちがあらためてよーく分かりこれもお勉強かしら・・・と。


そう言えば以前、エコノミークラスで身体の大きな外国人が 
「なんで体の大きな自分がここの席で あの小さな人が非常口前の
足の広い席に座ってるんだ!」


と物凄いクレームをつけ 仕舞いには「あの人に席を換わるように言ってきてくれ」と 
むちゃくちゃな事を言ってきて 

「んなもん 自分で言ってこいよっ!!!」


と心の中で叫びながらも収拾がつかないので、
その非常口前座席にいた小さな日本人のおばちゃんに おそるおそる
「あの大きな外人さんが席を替わって欲しいと言ってるんですが
もっちろん嫌ですよねーーー!」

って冗談っぽく話かけたら
案の定、「私も足を伸ばしたいから、、、」と控え目に断られた。

そりゃあ、当然である。

結局、その外国人には諦めてもらったが 今となってはあの大男のキモチも
わからないでもない、、、、かな。
全く身動きの取れない席での10数時間はまさに拷問だよね。
うん、 わかるよ、わかる。 うん。



でもぉ・・・、モノの頼み方を知らないアナタは 文句つける前に
次は ビジネスクラスに乗れるよう頑張って働きましょーね。



って、私も相当 いじわる???



もんちのなぁに
            え?! 知らなかったの???











banner2_20071218113724.gif
ブログランキングに参加してます。クリックお願い!
このページのトップへ
今朝、イタリア「あほ買いツアー」から無事帰国した。
向こうは小雨が降り続ける毎日で 結構寒かったが 
成田に着いたら こっちはもっと寒くてびっくりした。

ポンテベッキオ
          どんよりな ポンテベッキオ
猫足
              どすこいっ!?



いやぁ~・・・、予想通りのあほな旅だった。
今回は久々にフィレンツェに4泊したが 見事に観光らしきものは
一切せず、ひたすら精力的に狩りを続ける3人


あんたはムカデかぃ!?と思うほど ブーツを買いまくる友人
                (しかも殆ど全てロングブーツ)

プラダの革のロングコートを初日に即買いし(しかも何故か レディース物) 
それを雨の中着続け 大胆に濡らすその夫

「寒い、寒い」を連呼して友人夫婦にうるさがられ、そのせいか気が付いたら
コートを3着も買っていた


私たちは着実に 毎日荷物を増やし続けたのだった。


そして、仕舞いにはフィレンツェだけじゃ用が足りず 往復6時間かけて
ミラノまで足を伸ばす始末。。。
これはさすがに疲れた~。 

ユ~ロスタ~
       ユーロスターで 日帰りしてきたのだ 


そして
最終日はあまりに疲れがひどかったので夕方に一度ホテルに戻り
ちょっとだけ休憩してから最後の晩餐に出かけよう!
な~んて言って、ほんの少しのつもりで それぞれベットにごろりと横になったら
なんと翌日の朝まで寝こけてしまったのだった・・・。


あぁ~・・・ あほ すぎるぅ~


ルフトハンザ
      ルフトハンザで 行ってきたのだ。



「お買物&美味しいイタリアンの旅」これにて 無事 終了。。。



追伸、KY夫婦~! また行こーねー!









banner2_20071218113724.gif
今日も1クリック お願い!


このページのトップへ

FC2Ad

Information

ねぇねぇ
  • Author: ねぇねぇ
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

ねぇねぇ

Author:ねぇねぇ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。