ねぇねぇ日記

西へ東へ飛びまわる犬きちフライトアテンダントのスモールワールドな日常。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ねぇ、 もんちゃん、 もんちゃん、

今日も暑いねー。

もんちゃんは毛がフサフサだから暑くて大変だけど

でも、、、超可愛いから 大丈夫だねっ。 (え?)



って抱きしめてあげた時の 顔ーーーっ!


忍耐
       はっ! つかまったー・・・by もんち



                    ●

                    
                    ●
  

                    ●


           

 むぎゅーーっ
忍耐2



もんちゃん 耐えてます。



今年の夏も元気に乗り切ろう!!


明日から福岡シェルターへ行ってきます。
久しぶりに会うあの子たちに わくわく。










banner2_20071218113724.gif クリック!
スポンサーサイト
このページのトップへ
今日はさんごの一周忌。


あれから一年。


一年前の今日を思い返す。

前日の仕事前に実家に寄って 時間の許す限りさんごの傍にいた。
さんごはずっと大きな声で鳴いていた。
その声はあの日を思い出すと必ず私の中ではっきりと甦ってくる。

あまりにもしっかりとした大きな声で鳴き続けるので
まだ体力があって もしかしたら私が仕事から帰ってくるまで
もつかもしれない、、、と思ったほどだ。

空港で飛行機に乗り込む直前に電話した時も
その鳴き声が電話口から聞こえていた。

それが さんごとのお別れ、最後の声だった。

さんごは一晩中鳴き続け、翌日の夕方、一年前の今日 亡くなった。


CA2QN1PO.jpg
      さんご11歳のころ





一周忌を迎えるにあたって 
先日、母と亡くなった時にお世話になった慈恵院にお骨を持って
行ってきた。

お経をあげてご供養をしてもらい お骨を納骨堂に預けてきた。

CIMG2190.jpg


実はさんごのお骨は 生まれ故郷のカオハガン島に埋めたもの以外に
実家に大きい骨壺、私のお家に小さい骨壺に分けて保管していたのだ。
以前から母がお骨はお寺に預けようと言っていたので
実家の大きいメインの骨壺はこの一周忌を機にお寺に預けることにしたのだ。

私はさんごをずっとそばに置いておきたいので 小さい骨壺はこの先も大事に
持っておくつもりだ。
夫くんには、もし私が先に死んだら、周りにばれないように
そっとさんごを私と一緒にお墓に入れてくれと頼んである。


さんごはいつも私の中にいる。

DSCF9188.jpg
在りし日のさんご 日向で寛ぎ中。 オットセイみたいな背中が可愛い


お寺でご供養した翌日にもんちの散歩をした時の事。
ここ数ヶ月前から 大好きだった中央公園に行きたがらなくなっていた。
どんなに誘っても引っ張っても かたくなに嫌だといって聞かなかった。
だから最近はすっかり公園は遠ざかっていた。

それがね、
その日は自分から行く行く!と言って公園への道をぐいぐい進んだ。
で、公園中を大きく一周して それはもう楽しそうにのりのりで歩いたのだ。

どういう心境の変化なのかさっぱりわからなかったけど
もんちがあまりにも楽しそうなので私も嬉しかった。

もしかしたら 
さんごが一周忌で帰ってきて一緒にいるのかな、と私は思った。

帰って母にそう話したら、
「いや、そうじゃない、薬がだいぶ効いてきて元気になったんでしょ。」

実は もんち、2か月ちょっと前から咳が出るようになって 病院に通い
薬をもらっている。


その夜に 今度は夫くんに言ったら、
「ふ~ん、、、きっとさんごの喪が明けたんじゃない?!」

これにはなるほど~と思ったが 
あのもんちが1年も喪に服しているわけがない。

病院に薬をもらいに行った時 先生にも聞いてみた。
「まぁ、だいぶ涼しくなってきたんで体が楽になったんでしょう・・・」



う〜〜ん。。。


141014_1643~02 鼻歌中・・・



もんちに聞いたところで答えはさっぱりだけど
その後も当たり前のように公園に行って 公園中を闊歩してます。


さんごと違って、もんちの考えている事はね、、、


さっぱりわからないんですよ・・・。







banner2_20071218113724.gif クリック!


このページのトップへ
果物の美味しい季節。。。



桃桃2
もんちゃん、桃食い中



桃、梨、柿 なーんでも戴きます!



かつては もんちは私の犬だったし、
もんちもねぇねぇは私のものー!と常に周りに主張していた。

いつも私がさんごを自分より可愛がってやしないかと
焼き焼きしていた。

ちょっと私がさんごと二人でお喋りしてたりすると すねちゃって大変だった。


それがね、、、、、

今やすっかり鞍替えして 父の犬になってしまい
とにかく一日中父にべったりだ。


見ているとあの二人は誰よりも支えあって信頼しあって生きているようだ。
お互いなくてはならない存在になっている。

ちょっと寂しくもあるが 二人がとても幸せそうなので
なんの文句もない。


あぁ~、犬のいる暮らし。


動物好きの両親の元、
私は幼い頃からずーっと犬や猫と暮らしてきた。

数年前、
結婚して家を出てから ほぼ初めて犬のいない暮らしをしている訳だけど
やっぱり何かが足りない気がする。

私の人生、共に生きる犬がいないと やはり完結しないんだ。
人間同士の家族の愛だけでは 私の心は完全には満たされないってこと、

最近それがよくわかってきた。


なんで私はこんなに犬が好きなのか、、、
なんでだろ、、、
自分でもわからないけど

きっと 何か深い縁があるに違いない。

幸せそうな犬を見ると嬉しくて仕方がないし
不幸な犬を見るのは何よりも耐え難い。




今や夢となった 「犬のいる暮らし」

いつかきっと。。。

近い未来に。。。








banner2_20071218113724.gif クリック!
このページのトップへ
6月生まれの私はまたひとつ大人になってしまった。

hb.jpg

誕生日当日はたまたまお休みだったが、
なんの用事も人との約束も入れずに静かに過ごしました。
毎年恒例の合同誕生パーティはまた後日。



夕方にはのんびり もんちのお散歩行って、シャンプーを決行。

140626_1809~012
親子水入らず、、、私も一緒にシャワー浴びます。


もんち、12歳。
決して若くはない。
でも、もんちはさんごの子供だから 私達にとっても子供で
そのせいかいつまでたっても子供っぽいままだ。

わがままですぐヘソを曲げる。

さんごが亡くなる少し前から 急に床を掘り始めた。
当初は、皆がさんごの介護でつきっきりだったので
もんちも相当我慢を強いられてた。 
だから そのストレスによるものだと思っていた。

我が家(実家)のフローリングはあっという間に あちこち傷だらけになってしまった。
母がしょっちゅう どーしてくれるー!と嘆いている。

yuka.jpg



さんごがいなくなり 床掘りは治まったかと思いきや
最近、また掘り始めたそうだ。
誰もいないお留守番時にコツコツとやっている。


もんちにしみじみ聞いてみた。

「一体どうしたっていうのさ?」


140701_2130~02

 「・・・・・」


もんちは生まれてからこのかた、独りでお留守番をしたことがなかった。

さんごがいたし、かつては猫のちょろりんもいた。

12歳になった今、完全なる独りの時間を初めて経験している。



ひとりはさみしいし、、、つまらない。







もんちゃん、、、

人生ってぇのはねー、、、、 (つづく・・・?)












banner2_20071218113724.gif クリック!
このページのトップへ
珍しくステイ先からこのブログを書いています。

満席のフライト、12時間 頑張ってパリにやってきました。
フライトでヘトヘトになって 昨夜はバタンキューだった。



今朝、目が覚めるとお部屋のバスタブの中に
ちょこんとさんごが入っていた。


え? さんごは去年死んだ筈。
そうだ、今回私はこっそり死んださんごを飛行機に乗せて連れてきたんだった。


でもバスタブにいるって事は、、、
自分で歩いてピョンってまたいで入ったって事だよね?!


さんご、生きてるの、、、?

ええーーーっ!?

私が寝ている間に奇跡的に蘇ったんだ!


早速 私はパリの街をさんごを連れてお散歩に出かけた。
この時は何故かもんちも一緒だった。

私は嬉しくって得意になって歩いていた。

久しぶりの2匹連れてのお散歩だ。


死んだ犬が生き返った!


誰に言ったら信じてくれるかな。

いつもお世話になっている獣医さんに話してみた。
先生は神妙な顔をして私の話を聞き
そして、獣医師としてとても興味深い話だ、と言った。

こんな話、他で聞いたことありますか?って聞いたら
声を潜めて 実は昔、自分の犬も生き返ったことがあると言った。



そっかー、あり得ないことじゃないんだ、、、

じゃあこれは夢じゃないのね!




201405250529450f9.jpg



ここで目が覚めた。


やっぱり夢だった。

久しぶりにみた夢、そこにさんごが現れた。
さんごが死んで半年が経つけど、初めてだ。

久しぶりに私に会いに来てくれた。
嬉しいな。
わざわざパリまで来てくれたのね。


ありがとー。


忘れないように記録として書きました。








このページのトップへ

FC2Ad

Information

ねぇねぇ
  • Author: ねぇねぇ
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

ねぇねぇ

Author:ねぇねぇ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。